高根台ホーム

高根台ホームは『日本の旅館』をイメージして造られました。館内は、横長の建造物を二等分し、東側を『桜通り』、西側を『楓通り』とそれぞれ親しまれております。このとおりの名前は、館外の街路樹の東方向に桜並木が、西方向に楓並木にちなんでおります。

敷地内には様々な設備や自然があります。気の向くままゆっくり散策してはいかがでしょうか。

概要

住所  〒254-0913 神奈川県平塚市万田888番地1
電話  0463-31-4972(代表)
FAX   0463-35-2290
定員  本入居定員:120名  短期入居定員:20名

社会福祉法人研水会高根台ホームは、国民意識として高まる老人問題政策の一環として、法人設立代表者、田辺久太郎(初代理事長)により、法人の経営する老人福祉施設老人ホーム建設基金として自己財源と不動資産とを投じ、国・県・市の補助金とによって昭和49年6月着工、同年12月工事完成。
この間、法人設立認可(厚生大臣)、施設開設認可(神奈川県知事)を受け、昭和50年2月1日に特別養護老人ホーム事業を開設した。
平成16年2月1日に旧施設より新施設へ移転となる。

施設 主な設備

 土地面積 13,735 ㎡
 建物面積 5,871.31 ㎡
 構造 鉄筋コンクリート地上3階地下1階建
 居室 4人部屋/30室
2人部屋/4室
1人部屋/12室
 静養室 2階に4床
 地域交流ホール 1階 356㎡
 浴室 1階に一般浴、特別浴設備
2、3階に一般浴、中間浴、特別浴設備

 

 

高根台ホームの基本方針

当施設のご利用者がその保有される能力に応じて可能な限り自立した日常生活を営む事ができるような介護サービスを目指します。ご利用者との契約に基づき、ご利用者及びその家族の意向をきめ細かに取り入れ、多様化するご利用者のニーズに対応した質の良いサービスの提供に心がけ21世紀の高齢社会に適応した施設創りに努めます。

目標

  • 利用者の意思・人格を尊重したきめ細やかなサービスの実践
  • 専門技術の研鑽と資格取得の推進
  • 地域の一員とした総合老人福祉施設を目指す